ヴィラ留辺蘂ヒル 北海道・美瑛町
再生する
INDEX
目次

ヴィラ留辺蘂ヒル 北海道・美瑛町

見える景色が全て貸切
1日1組様、別世界のヴィラ

自然に愛される街「美瑛町」にオープンした完全貸切ヴィラ
24時間対応のホスピタリティとホテルサービスを備えたヴィラで、ただ自然に身を委ねる休日を。

四季折々に変化する雄大な景観と共に、観光、グルメ、アクティビティを求めて世界中のツーリストが押し寄せる北海道。この北海道のほぼ中央に位置する、美瑛町「丘のまち」にひっそりと佇むプライベートヴィラが「ヴィラ瑠辺蘂ヒル」だ。瑠辺蘂(るべしべ)の地名は、アイヌ語で”道に沿って下る川”を意味する「ルペシパ(ru-pes-pa )」に由来すると言われている。

2019年2月に開業。敷地面積は46,000平方メートルに及び、東京ドームとほぼ同じ広さを誇る。ヴィラからは美瑛の田園風景や街並み、最高峰の旭岳をはじめとする大雪山連峰、十勝岳などの山々が見渡せるロケーション。木材を活かした建物は、18世紀にイギリスなどのヨーロッパからアメリカへと伝承されたギャンブレル・ルーフの建築様式を採用。北国らしい美瑛の風景に、その瀟洒な姿を溶け込ませている。3つのゲストルーム、ジャグジー、 ゆったりとしたLDK、広大な庭などを宿泊者専用のスペースとして用意。加えて、24時間対応のバトラーサービスが、ホスピタリティ溢れる上質な滞在を約束してくれる。美瑛町にあるミシュランの星を獲得したレストランのシェフや、地元民から愛されている割烹の料理人らがケータリングする「シェフズテーブル」も忘れずに楽しんでいただきたい。日常の喧騒から離れて極上の寛ぎを与えてくれる、まさに究極の隠れ家だ。2022年までには既存の2棟を含め、15棟のヴィラ増築を予定しているとのこと。これからしばらく美瑛からは目が離せない。

ホテル並みのサービスを持つ別荘
進化する”おもてなし”の美学

漆喰と無垢木に囲まれた温かみのある空間で、思い思いの時間をゆったりと過ごす。

24時間体制で臨むバトラーが最高のおもてなしを提供する

敷地の一番東側、メインゲートの正面に風格を漂わせた構えを見せているのがヴィラ「NITAI(ニタイ)」。アイヌ語で”森”を意味するこの棟は、ヴィラ全体のクラブハウスとしての機能も持ち合わせている。パブリックスペースのラウンジエリアでは、到着時のウエルカムドリンクをはじめ、アフタヌーンティーや夕食前のアペリティフ、バータイムなどに利用できる。

インテリアデザインは、木の質感を活かしたシンプルながら温かみのある空間。各所に配された家具は、こだわりのイタリア家具。本格的なシステムキッチンを備えたダイニングでは、 バトラーにオーダーすれば、北海道の新鮮な食材を使っての料理はもちろん、 地元のシェフを招いてのケータリングパーティも楽しめる。風の音と野鳥の囁きに耳を傾けながら、 上質なステイを堪能したい。

一方、「NITAI」から少し離れて位置するのが、2019年の夏にオープンしたばかりの「RERA(レラ)」。アイヌ語で”風”を表わすこのヴィラには、エレベーター、リビングルーム、フルバスルームシャワー付きの3つのツインベッドルームを完備。ゲスト同士が出会うことのない上質のプライベート空間が保たれている。特筆すべきは、バトラーサービスの充実ぶりだ。地元の事情に精通したバトラーが、24時間体制で送迎や各種アクティビティの予約手配など、ゲストのあらゆる要望に応えてくれる。「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」、「旧軽井沢ホテル」などでエグゼクティブ・ソムリエを歴任した山本 諭氏を総支配人として迎え、細かいところまで目の行き届いた上質のサービスを提供している。

冬ともなれば、薪ストーブで暖をとりながら、北海道仕込みのウィスキーを片手にしっとりと語り明かすのも悪くはない。館内には3つの趣向の異なるゲストルームと、窓から景色が眺められる開放的なジャグジー、 広々として機能的なLDKが備わる。いずれも漆喰と無垢木によって施工された温かみのある空間。日本の匠の技とテクノロジーを融合させた最新の工法によるものだ。

敷地内に広がる1万5000坪の庭は、冬は白銀に、夏は緑が広がるなだらかな丘陵。開放感溢れるジャグジーからの景色は格別だ。奥側に立つ2本の木には「精霊が宿っている」と言われ、ヴィラのどの窓からも眺めることができるそうだ。部屋には「マークス・アンド・ウェブ」のエッセンシャルオイルを用意。全草、花、果皮などから丹念に抽出した香りに、景色とともに癒される。

貸切だからこそ叶う、大自然での遊び方

ヴィラオススメのオリジナリティ溢れるアクティビティで、冬を遊び尽くす。

北国ならではの冬の野遊びを
童心に帰って満喫する

「パッチワークの丘」と呼ばれる美しい光景が広がる美瑛町。車で札幌から2時間30分、旭川空港からは25分、富良野までは40分とアクセスも良好だ。東京ドーム1個分に匹敵する広大な敷地内では、「美瑛町景観計画」などの条例により、町全体で守り育ててきた美瑛の自然がそのまま残されている。四季折々に様々なアクティビティが用意されており、暖かい季節には、美瑛川でのラフティングやフィッシング、大雪山系でのトレッキング、富良野でのゴルフ、サイクリング、熱気球、乗馬体験など、北海道ならではのスケールの大きなアクティビティが思う存分楽しめる。一方、北国ならではの冬の野遊びも満喫してみてはいかがだろうか。スノーシューを履いての雪上ウォーキング、雪の上でピクニックランチやBBQ、専用のかまくらの中でのチーズフォンデュなど、全てバトラーが敷地内で手配してくれる。

もちろん、パウダースノーを誇る富良野スキー場や、Macbookの壁紙にその神秘的な絶景が採用されたことで一躍有名になった「青い池」への送迎も可能だ。暖房の効いた部屋の窓から冬景色を眺めるのもいいが、たまには童心に帰った気分になって雪と戯れてみるのもいい。

敷地内の庭に作られたかまくらの中で、温かいチーズフォンデュをいただく。白銀の世界でも、かまくらの中は意外と暖かい。北海道の新鮮な野菜やバゲットを、とろけたチーズに絡ませる。傍にはスキットルに入れたブランデーやホットチョコレート。ここだからこそ叶う、遊び心満載の楽しみ方の一つだ。
真冬でも、陽射しが暖かく感じる日は、同じく敷地内の庭で本格的なピクニックランチを楽しんでみてはいかがだろう。籐で編んだ英国スタイルのピクニックバスケットに入れられたランチを見た瞬間、きっと気分が盛り上がるに違いない。静寂の中、会話を楽しみながらまったりとした時間を過ごして欲しい。

ヴィラでの美食体験は一味違う。
ミシュランシェフまで貸切ってしまう、全てがプライベートという贅沢

バトラーの提案は変幻自在。白銀の世界でのBBQから、リビングに貸切レストランをひらいてしまうという提案まで。
グルメな舌を満足させる体験ができるはず。

北海道の豊かな食材を趣向を凝らして提供する

美瑛町には、本格フレンチから蕎麦屋まで、地元食材にこだわる名店が目白押し。中でも、ミシュランガイドで1つ星を獲得した、イタリアンレストラン「Valore(ヴァローレ)」は、予約の取れない人気店として有名だ。

北海道で育まれた滋味溢れる食材と共に、北の大地ならではの”美瑛イタリアン”を発信し続けている。ここではなんと、オーナーシェフの才田誠氏が自ら腕を振るう、「シェフズテーブル」をオーダーすることができる。ミシュランレストランがヴィラのリビングにやってくるのだ。通常であれば、ジャケットを着て楽しむフレンチだが、部屋着でリラックスをしながら、本格フレンチを頂ける。正に貸切だからこそ叶う、愉しみ方ができるのだ。

そして、特別な美食体験として、白銀の世界でのBBQも提案したい。目の前で焼かれる北海道の新鮮な海鮮を頬張りながら、ソムリエオススメのワインを頂く。手つかずの自然の中で食事を楽しんで欲しい。

才田誠氏が生み出すのは、美瑛の四季や食材に寄り添った創作イタリアン。ケータリングだからといって、限られたメニューにするようなことはない。下ごしらえが完璧だからこそ、ヴィラのキッチンであっても、絶品のフルコースがいただける。特に野菜の旨味を引き出した料理の数々が、見た目にも美しく絶品だ。
一面のパウダースノー、ここではスノーシューを履いて想いのままに探検してほしい。大きい草履のような、スノーシューを履けば、柔らかい雪の上も歩くことが可能だ。小さな足跡を追いかければウサギやリス、時にはキツネやフクロウに出逢えるかも。
真っ白な雪上にランタン、ツーバーナーなどが用意され、ちょっとしたグランピング気分が味わえる、ランチBBQ。新鮮な海鮮はもちろん、美瑛牛や美瑛ポークにもトライして欲しい。スタートは雪の中で桐っと冷やしたシャンパンで、寒くなってきたと感じていると、北海道の名産を煮込んだポトフが出てくる。ゲストに楽しんで頂きたいというバトラーの粋な計らいが随所に感じる。煩わしい準備も片付けも一切なし、至れり尽くせりとはこのことだ。
INDEX
目次
MAGAZINE
電子書籍
2019 WINTER
- Legendary Peru
- The Gastronomy Hotels in France
- Japanese Getaway / Living on a Cruise Ship
- Healing Journey / Dramatic Tahiti
電子書籍はこちらから