1. TOP
  2. JOURNEY
  3. INKATERRA LA CASONA
INDEX
目次

インカテラ ラ カソナ

INKATERRA LA CASONA

マチュ・ピチュの麓に佇む世界遺産クスコ
石造りの古都で大帝国インカの追憶を

マチュ・ピチュ遺跡で知られるインカ帝国。最盛期には、2000万近くともいわれる人口を持つ大帝国となり、その首都であったクスコは南米最大の都市として発展を遂げ、精巧な石積みの宮殿や神殿が数多く建造された。しかし、16世紀初頃、スペイン人がアンデスの地に到達し、インカ帝国は滅亡を迎える。初めてクスコに訪れたスペイン人たちは、美しい自然に囲まれた壮麗な建造物に感銘を受けたと言われている。「インカテラ ラ カソナ」は、このクスコに位置し、スペイン統治時代の高級官僚の邸宅を改装したクラシックなホテルだ。当時の趣を、忠実に再現しているため、タイムスリップしたような気持ちになるだろう。メインパティオを囲む11室は、全てがスイートルーム。精巧な木彫り扉や大理石のバスルームなど、重厚なインテリアで統一されている。アルパカウールの毛布やアンデスの伝統工芸のファブリックなどが備わり、地元の温かみも感じる。バトラーも24時間常時対応してくれるため、標高3,360mのクスコで突然、高山病になったとしても、慣れた手つきと笑顔で対応してくれるだろう。そのこだわり抜いたサービスとホスピタリティから、世界的権威のある「ルレ・エ・シャトー」のメンバーにも認定されている実力である。マチュ・ピチュを訪れた後の疲れた体を癒しながら、アンデスの世界観に浸るには最適なホテルなのだ。

暖炉に灯る炎を見つめながら
インカ時代への思いを駆け巡らせる

lounge
暖炉の温もりが心地良いラウンジ。各種の紅茶やコカ茶も用意され、外を散策した後の冷えた体を癒してくれる。植民地時代の絵画や、
ペルー文化に関する本が展示され、興味をそそる。
Suite
ベージュを基調とした明るくシックなスイートルーム。テラスからは中庭が臨める。アルパカウールのブランケットや、天然素材で作られたオリジナルのファブリックなども用意されている。

まるで白壁の中に埋め込まれているような重厚なエントランスをぬけると、パティオを囲む荘厳な回廊が現れる。 一瞬、スペインの若き征服者ピサロとインカ帝国存亡の鍵を握る娘との、禁じられた愛を描いた小説『ピューマの影』が脳裏を横切るかもしれない。 その重厚な外観とは裏腹に、室内はシックな色合いで統一されており、穏やかな雰囲気を醸し出す。バロックスタイルの調度品や、ケチュア文化特有のハンドクラフトの織物なども備えられ、細やかなインテリアも美しい。 さらに、アンデス料理を提供するレストランをはじめ、天然素材を用いた本格的なスパや、ガイド付きのエクスカーションも充実している。単にラグジュアリーを追求するだけではなく、歴史や自然と融合したサービスを信条とする姿勢には、きっと心を打たれるはずだ。”良い木にもたれかかった人は、良い木陰をもらえる”とは、ペルーに古くからある諺。「インカテラ ラ カソナ」では、その諺を頑なに守り続けている。

Spa
スパ製品は全てオリジナル。アンデスの植物や塩から抽出される、100%オーガニックの天然エキスが原料である。アンデスの恵みから作られるオイルは、肌にも優しく、美容効用も高い。
Courtyard
ホテルの中心に位置する、中庭を囲むアーチ型の回廊。植民地時代の雰囲気を、そのまま伝えるような趣だ。夜ともなると、建物は薄明かりでライトアップされ、重厚感と寂寥感が漂う。

歴史が紡ぐホスピタリティ

かつてインカ帝国として栄え、様々な文化を残したペルー。「クスコ」とはケチュア語で「へそ」を意味し、まさに世界の中心であった。古都クスコの街並みは、インカ帝国時代の美しい石積みと、スペイン統治時代の鮮やかな家が入り交じり、繁栄と調和の歴史を静かに感じさせる。そんなクスコ市街の中心部に位置するホテルは瀟洒な佇まいながら、歴史に裏付けられた重厚な趣と手厚いホスピタリティを提供している。 クスコの民族は家族を大切にし、共同体で生活を共にする特徴があるが、同じように、ゲストを家族のようにもてなし、歓迎してくれる。そのホスピタリティとクラシカルな空気に誰もが魅入られてしまうだろう。なぜ、人は" 世界遺産クスコの街"に 好奇心を掻き立てるのだろうか。その答えを紐解く欠片が「インカテラ ラ カソナ」 にあるだろう。

Activity
インカ帝国の遺産を体験



街全体が世界遺産に認定されているクスコ。 中央に位置するアルマス広場は、インカ帝国国王の黄金像や噴水を眺めることができ、常に多くの観光客で賑わいを見せている。バロック様式のサント・ドミンゴ修道院は、インカ帝国時代の太陽の神殿(コリカンチャ)跡地に建てられたもので、その精密で精巧な石積み技術には圧倒されるはずだ。「12角の石」と呼ばれる石垣も必見。「インカテラ」には、観光スポットを案内するガイドも常駐する。

Moray Ruins
クスコから74キロ、標高3,500メートルに位置するモライ遺跡。恐らく円型競技場であったと思われる、階段状になった石垣だ。研究者によれば、円形の階段状テラスは、農業研究用の役割を果たしていたのではないかと考えられている。

Cultural Experience

クスコでは伝統的な踊りが多数あることから
「フォルクローレの都」 とも言われている。
毎年6月24日に開催される「インティ・ライミ」は、インカ帝国時代から続く太陽礼賛の祭り。その日までの2週間、パレードが毎日のように
行われ、数々の伝統的なダンスが街の随所で繰り広げられる。クスコの踊りは激しいものが多く、女性はスカートを回転させながら飛び跳ねるようなステップで踊るのが特徴的だ。
クスコを訪れるなら一度は観ておきたい。

Vinicunca Rainbow Mountain

クスコ市内から車で3時間半。近年、 人気を博している絶景ポイントがヴィニクンカ山
(通称レインボーマウンテン)。 鉱物が酸化してカラフルになった地層の連なりは、圧倒的な美観を誇っている。
約5,100メートルもの標高となるため、 高山病対策は必須なのだ。

Dining Experience
沁みわたる太古の滋味

Breakfast
朝食はビュッフェスタイルで。大きなテーブルに地元のハムや前菜などの料理が並ぶ。卵料理やパンケーキなどはオーダー制で、出来立てが用意される。マチュ・ピチュ遺跡などの観光地へ早朝から移動するゲストのためには、サンドイッチと温かいコカ茶を入れた朝食BOXを準備してくれる。
天気が良ければ、鳥の囀りを聴きながらテラス席でゆったりと過ごそう。

Afternoon Tea
穏やかな午後のひと時には、テラスでアフタヌーンティーを愉しんでみてはいかがだろうか。南米産のコーヒーや紅茶はもちろんだが、高山病予防としてクスコの人々に欠かせないコカ茶や、アンデス特有の薬草茶「セドゥロンシージョト」も提供される。
ペルーらしいスイーツがお望みなら、チリモヤ、マラクヤ(パッションフルーツ)、マンゴーなど、ペルー産フルーツを使ったケーキがおすすめだ。是非、コカ茶と一緒に味わって欲しい。

Dinner
アルパカのスモーク肉や、アンデスのハーブなど、現地ならではの食材を使った料理を頂く事ができる。クスコのご馳走とされるネズミの一種「クイ」にも是非挑戦してみてほしい。ネズミと聞くと驚くが、鶏肉のような味わいである。石造りの街並みを再現したダイニングのインテリアにも、重厚な歴史の営みが感じられる。
Cooking Class
普段は立ち入ることのできないレストランの厨房で、ペルーの家庭料理を学べるクッキングクラス。ゲストの要望に応えた粋な計らいだ。新鮮な魚介類をパプリカや玉葱とマリネした「セビーチェ」や、牛肉を野菜と炒めて醤油で味付けした「ロモ・サルタード」は、日本人の舌にも合う人気のペルビアン料理だ。
ぜひ、作り方を習得してみては。
INFOMATION
INKATERRA LA CASONA
TEL:+510400 1610

ルレ・エ・シャトー日本語センター:
0800-888-3326

INDEX
目次
MAGAZINE
電子書籍
2019 WINTER
- Legendary Peru
- The Gastronomy Hotels in France
- Japanese Getaway / Living on a Cruise Ship
- Healing Journey / Dramatic Tahiti
電子書籍はこちらから