INDEX
目次

MIZUNARA CASK

5000本のウィスキーが待ち受ける、六本木の秘境を行きつけに。

芋洗坂を少し下り、六本木通りの喧騒を避けた小道にあるウィスキーバー「水楢佳寿久」。扉を開けると、樹齢500年の水楢が煉瓦壁の間を押し開けるように鎮座して人々を出迎えてくれる。有名オフィスタワーが立ち並ぶ土地柄、その界隈で会食を済ませた後に訪れるゲストも多いのだとか。店内の雰囲気とは裏腹に、中華や鍋料理など食事のメニューが充実しているが、これは肩肘を張った会食で十分な食事を取れなかった方への心配りなのだそう。そして、どんなTPOで利用したとしても、約5000本という膨大な数のストックから、ふさわしい一杯を仕立ててくれるのが魅力だ。

さまざまな使い方ができるお店だからこそ、“行きつけ”にしたくなるというのが人心。その秘訣を代表の篠崎喜好氏に尋ねてみた。「難しく考える必要はありません。良いなと感じた店でバーテンダーにその時々の気分を伝えれば良いのです。コミュニケーションを取ることで、バーテンダーもお客様の好みを覚えていきますので」。シーンを選ばない使い勝手の良さがあり、信頼のできるバーテンダーのいる行きつけがあれば、突然エスコートを任されても慌てて携帯を開く必要はない。水楢佳寿久は、まさにうってつけのお店ではないだろうか。

INFOMATION
水楢佳寿久
東京都港区六本木6-1-8 6F
TEL:03-5414-3222
18:00~ 日・祝休
INDEX
目次
MAGAZINE
電子書籍
2019 WINTER
- Legendary Peru
- The Gastronomy Hotels in France
- Japanese Getaway / Living on a Cruise Ship
- Healing Journey / Dramatic Tahiti
電子書籍はこちらから