1. TOP
  2. JOURNEY
  3. Paul Gauguin Cruises
INDEX
目次

ポール・ゴーギャン・クルーズ

Paul Gauguin Cruises

ポールゴーギャンがこよなく愛した南太平洋の真珠・タヒチを巡る

どこまでも澄みきったブルーラグーンが広がるタヒチの島々で一体どんな驚きと感動が待ち受けているのだろうか。ポリネシアンとのふれあいに満ちた船旅がいま始まる。

ソシエテ諸島とタヒチ・イティ
楽園を巡る7泊8日の夢のクルーズ

どこまでも澄みきったブルーラグーンが広がるタヒチの島々で一体どんな驚きと感動が待ち受けているのだろうか。ポリネシアンとのふれあいに満ちた船旅がいま始まる。

タヒチをこよなく愛した画家ポー ル・ゴーギャンの名を冠したラグ ジュアリークルーズ船「ポール・ ゴーギャン」。1998年の就航以 来、タヒチの島々を余すことなく知 り尽くしたいと願う、リゾートジャ ンキー垂涎のクルーズ船だ。 乗客定員332名に対して、乗組 員は217 名。乗客 1.5 名に対して クルー1名という比率は、最高水準 のきめ細やかなサービスを約束する。 客室は全室がオーシャンビュー、そ の7割がバルコニー付きだ。船内レ ストランでの食事はもちろん、 24 時 間利用可能なルームサービス、アル コールを含むドリンク類、パドルボー トやカヤックなどのマリンスポーツ、 さらに船内チップも含むオールイン クルーシブ制。各寄港地ではマリン アクティビティ以外にも様々なエク スカーションが用意される。 また船内にはポリネシアンエンター テイメントクルー「レ・ゴギンズ」 が乗船しており、歌やダンス、タヒ チ文化講座を通してタヒチの魅力が 伝わってくる。 ポリネシアンスタイルで祝うハネ ムーンパッケージ、プライベートモ ツで結婚周年記念を祝うリニュー アル・バウ・パッケージも人気だ。 島々を巡りながら、思い出に残るア ニバーサリーを体験してみたい。

ラグジュアリークルーズの概念を覆す贅沢な船内でありながら、カジュアルなスタイル

きめ細やかなサービスとカジュアルな雰囲気。ゆとりと気品ある空間で過ごす、極上のクルーズ。ターコイズブルーの海と澄みきった南太平洋の空が、いつでも目の前に広がる爽快感に酔いしれる。全室オーシャンビューのキャビンは165室。ウッディで機能的な家具を配し、ダブルかツインのベッドタイプが選べる。ベランダ・ステートルーム以上ではバトラーサービスが提供される。船内のドレスコードは“カントリークラブカジュアル”。南の島のクルーズに、堅苦しいネクタイは似合わない。女性なら、レ・ゴギンズから巻き方をレクチャーしてもらえるパレオがお勧めだ。1枚の布があっという間にドレスに変身する様は、傍で見ていても楽しい。船内でも趣向を凝らしたアクティビティやアトラクションが催される。日替わりで記載されたアイテナリーに目を通すと、どれに参加すべきか迷うほどだ。デッキ屋外にあるプールサイドで、シャンパンを片手に南太平洋の陽を浴びる。そんなゆったりとした1日を過ごしてみるのもいい。心地よいラウンジチェアに腰かけて、タヒチの景色を眺めるのも格別なひと時だ

広々とした全室オーシャンビューの客室。バスタブもほぼ全室に完備、アメニティはアルゴテルムだ。毎日 充当されるミニバーも充実しており、客室のTV システムから24 時間、ルームサービスも可能だ。
Spa
ポール・ゴーギャンでは、ラグジュアリース パとして格式の高い「アルゴテルム」による ディープネイチャースパを採用。船内とは思 えないモダンなトリートメントルームを備え る。ボディやフェイシャルトリートメントは もちろん、ネイルやヘアスタイリングなどに も対応。 タハアのプライベートアイランド「モ ツ・マハナ」では、リラックス効果の高い 水上マッサージを受けることも可能だ。

Casino
スロットマシン、ブラックジャック、ルーレットを備えた「ル・カジノ」で運試しはいかがだろう。外国籍のクルーズ船内のカジノの特徴は、1回における賭け金が低く設定されているため、初めてのゲストでも安心して楽しめる点にある。初心者にもディーラーがルールを丁寧に教えてくれる。港の規制で禁止されている場合を除き、毎晩営業する大人の社交場。バーでお酒を嗜んだ後にでも、パートナーをエスコートしてみてほしい。
Piano Bar
「ピアノバー」では飲み物を片手に寛ぎながら、ピアノの生演奏などのエンターテイメントが楽しめる。もちろん、オールインクルーシブなのでアルコール類もチップも無料だ。オーセンティックなカクテルをオーダーしてもいいが、タヒチならではのフルーツを活かしたトロピカルカクテルがお勧めだ。中でも代表的な「マイタイ」は、ポリネシア語で"最高!"を意味する至高のカクテル。是非南国の味をパートナーと一緒に試してみて。

for your Anniversary

ハネムーンセレモニーや記念日のサプライズをタヒチアンスタイルで一生の思い出に

屋上デッキで行われるウエディングセレモニー。
カラフルな花冠がカップルにかけられる。

ポール・ゴーギャン・クルーズでは、誕生日やハネムーン、結婚記念日などを一生忘れられない記念日として船上で祝ってもらえる。レ・ゴギンズによる歌やダンス、愛の詩で祝福されるポリネシアンスタイルのセレモニーや、タヒチの伝統的なキルト「ティファイファイ」に包まれて互いの幸せを願う愛の儀式など、タヒチならではのロマンティックで厳かな演出が用意されている。

アニバーサリーケーキは無料で提供される。船上で特別な記念日を。
客室のベッドにも、花びらでロマンチックなセッティングがされる。

リゾートジャンキーも一目を置いた本格的なフレンチを堪能する

船上では、豪華な食事ときめ細やかなサービスによって特別なダイニングシーンが演出される。オーシャンビューの席や屋外デッキでの食事が楽しめる「ラ・ベランダ」では、寄港地にインスピレーションを受けたアラカルトや、日々趣向を凝らした朝・昼のビュッフェを提供。ディナーは、ミシュラン2つ星レストラン「アピシウス」の元オーナーシェフ、ジャン=ピエール・ヴィガト氏監修の本格フレンチを堪能したい。優雅なメインダイニング「レトワール」では、豪華な内装と共に、魅惑的なスペシャリテが五感を満たしてくれる。ワインとのペアリングも楽しみたい。よりカジュアルな食事なら、屋上デッキに位置する「ル・グリル」がお勧め。朝・昼はビュッフェスタイルで、夜はポリネシアンテイストのグリル料理が絶品である。

ポリネシア流おもてなし体験すべき10

行先はゲストの為だけのアイランド陽気なポリネシアン達がお出迎え

各寄港地ではマリンアクティビティ以外にも様々な体験が用意されている。タハア島ではポール・ゴーギャン・クルーズのプライベートアイランド「モツ・マハナ」がある。ここでは「レ・ゴギンズ」も船を降り、風景に溶け込みながら歌と踊りでゲストを待ち受ける。シュノーケリング、ランチBBQ、水上マッサージ、タヒチ文化講座などを1日かけて満喫しよう。ボラボラ島では、魅力的な海洋生物とシュノーケリングしながら間近で楽しむラグーナリウムが圧巻。サメやエイとの接近遭遇は、一生の思い出に残るエクスカーションになるはずだ。次に、体験して欲しい10のアイテムを紹介しよう。

1.Snorkeling

タヒチの島々を囲む海は「地上の透き通った青 い楽園」と例えられる。その多様な生態系故に、 科学者はポリネシアの海域を「地球で最も豊 かな水槽」とも称している。ソシエテ諸島のター コイズブルーのラグーンには、多彩な色を持つ 1000 種類以上の魚が生息し、世界中の海に 生息するイルカ類の約3 分の1 が集まっている という。二人でシュノーケリングしながら、海 底のキャンバスに描かれたハート型を探してみ てはいかがだろう。

2. Helicopter Cruise

ボラボラ島のこの世のものとは思えない美しい姿と、まるで絵画のような眺望を上空からヘリコプターで楽しめる。運が良ければクジラの群にも遭遇できるとあって、人気の高いアクティビティだ。

3. Swim with Dolphins

ドルフィンセンターでは、海洋生物学者と獣 医が協力して作ったテホアプログラム(ドル フィンとの遭遇)が体験できる。プログラム は20 分間。10 分間はイルカについて学び、 10 分間はイルカとの交流となっている。

4. TahitianDance

ヨーロッパの影響を受ける前のポリネシアには様々なダンスがあったが、現在は男女が輪になって踊り合唱する"ヒヴィナウ"がポピュラーだ。歌には神への礼賛が込められている。ダンスレッスンでは初歩的なポリネシアンダンスを学ことができる。

5. BBQ in the islands

ポリネシア料理の伝統的な調理法の説明の後、BBQ に舌鼓。素材をバナナの 皮で包んで焼き上げる伝統的な料理や、火山の岩で出来たオーブンで調理した 子豚の丸焼きなどが楽しめる。冷たいスパークリングワインのサービスも嬉しい。




6. Cultural Exchange

編み細工講座では、帽子、バッグ、かご、敷物など、様々な日用品の作り方を教えてくれる。材料は、タコノキ、ココナッツ、葦(アエホ)などの植物。タヒチでは古くから伝わる伝統工芸のひとつだ。

7. Sunset Cruise

全長約7 m、ジャノー社の優雅なカタマランヨットで、ボラボラ島の ラグーン内でプライベートサンセットクルーズが楽しめる。南太平洋の 水平線に沈む夕陽を眺めながら飲むシャンパンの味は格別だ。

8. Sunset Cruise

タトゥペインティングにもトライしてみたい。タヒチではマンタ、サメ、クジラ、ウミガメなどの海洋生物は神格化され崇拝の対象だ。タヒチアンが海の民であることの証を、一緒に身に纏ってみよう。

9. Spa on the sea

タハア島のプライベートモツでは、水上に備えられたスパでトリートメントが受けられる。陽差しを柔らかく遮り、ラグーンを吹き渡る潮風を肌で感じながらのマッサージは、まさに極上の癒しの時間だ。

10. Play with Stingray &Shark

タヒチを訪れるならば、一度は体験して欲しいのが、サメやエイと触れ合えるエクスカーションだ。古代よりサメには一族の先祖の魂が宿るとされ、ポリネシアンにとっては家族を見守ってくれる象徴的な存在なのだという。そのせいかタヒチのサメやエイは、とてもフレンドリーなのだ。本来サメは警戒心が強いのだが、シュノーケリングで入るや否や、次から次にと現れる。エイに至っては、向こうから身を擦り寄せてくるほどの人懐っこさである。究極の体験に、きっと驚くはずだ。

INFOMATION
Paul Gauguin Cruises
TEL:+ +81 3-5405-9213
INDEX
目次
MAGAZINE
電子書籍
2019 WINTER
- Legendary Peru
- The Gastronomy Hotels in France
- Japanese Getaway / Living on a Cruise Ship
- Healing Journey / Dramatic Tahiti
電子書籍はこちらから