1. TOP
  2. JOURNEY
  3. SCENIC Bordeaux River Cruises
INDEX
目次

シーニック
ボルドー川 10泊11日の旅

SCENIC
Bordeaux River Cruises

世界遺産「月の港」ボルドー近郊を巡る
10泊11日の絢爛華麗な旅

世界各国のクルーズの中でも、「SCENIC」のボルドー近郊を巡る航路は格別といえる。
河川に浮かぶ秘宝のごとくリュクスな船内で、文化とワインに酔い痴れる旅を堪能して頂きたい。

ライン川、ドナウ川、セーヌ川、 ドウロ川、ボルガ川などのヨーロッパ大陸を流れる川を豪華客船で探 訪し、寄港地の様々な歴史や文化 に触れることができるラグジュアリーリバークルーズ、「シーニック・クルーズ」。好奇心旺盛なゲストの ために、様々なディスティネーショ ンを発掘し、ラグジュアリークルー ズの先駆者として新しい挑戦をし続けている。シーニック最大の魅力は、船旅中のあらゆるサービスが全てオールインクルーシブであることだ。食事やアルコールはもちろん、船までの送迎、バトラーサービスや各種アクティビティ、各寄港地での観光、更には乗客のためだけに開催されるキャッスルでのプライベートコンサートまでもが含まれている。客室は全室がスイート仕様で、ヨーロッパの客船の中で最もゆったりとした作りだ。荘大な風景を眺めながらの朝食や、屋上デッキでのうたた寝、穏やかに沈む夕日にワイングラスを傾けながらの語らいなど、プライベートの時間を思いつくまま存分に楽しむことが できる 。 今回はシーニック・クルーズの中でも特に評判の高い、ボルドー地方の旅をご紹介したい。ボルドーと聞いて、ワインを思い出さない人はいないだろう。ボルドーにはドルドーニュ川、ガロンヌ川、ジロンド川の3つの川沿いに産地が広がっており、その河口には自然豊かな葡萄畑が広がるシャトーが多数ある。言わずと知れた5大シャトーの産地だ。本航路では、日々フレンチとワインのマリアージュを 船内で愉しみ、多数のシャトーを巡る、ワインの魅力に酔いしれる10 日間が送ることができる。寄港先のシャトーで運命のワインとの出逢いもあるかもしれない。そんな時は、船上から見えるアキテーヌ橋の夜景をマリアージュに高雅なひと時を過ごしたい。そう、この航路はまさにワインを愛する人へ捧げる、ワインを愛するための旅なのだ。

クルーズライフを彩る
極上の美食体験

食事はクルーズでの滞在における最大の楽しみ。世界の一流レストランで腕を磨いたシェフが創り出すメニューはまさに食の芸術。多彩なラインナップからお好みのお料理を。

寄港地で仕入れた新鮮な素材と世界各地から仕入れた選りすぐりの食材を使い、毎回趣向を凝らしたメニューが登場。また牡蠣やチョコレートのティスティングなど、日々新しい食の楽しみも提供されるため、乗船中決して飽きることがないだろう。

川の上だから、食事はそれなりだろう……と期待しないのは大間違い。シーニックは特に食に力を入れており、クルージング業界の中でも美食の最前線をいく。 船内には、カジュアルからフォーマルまで複数のダイニングオプションがあり、基本的に全てオールインクルーシブ。朝食と昼食はビ ュッフェスタイルで、毎日変わる多彩なメニューからあなたのお好みの料理を好きなだけサーブすること ができる。朝から豪快なステーキや、フルオーダーのパスタなど、様々な料理がラインナップ。ティータイムや深夜に小腹が空いたら、軽食もキャビンでプライベートな時間を 満喫するのも良いが、ラウンジやジャグジー、SPAで思い思いの船内ライフを過ごすことも忘れては いけない。陽光の下プールサイド でのんびり過ごしたり、日頃の疲 れを癒すスパは自分へのご褒美。好奇心をくすぐるイベントやエンターテイメントも充実している。夜は生演奏でダンスタイムまである。 全てがスイートタイプでゲストの人数も制限しているからこそ、ゲスト同士やクルーとの距離も近い。 船上はワイン好きなゲストの為のラグジュアリーなサロンであり、自宅 でもある。ここに 10 日間も乗船すれば、世界中にワイン愛好家の友人達をつくることができるだろう。 24 時間オーダーが可能だ。 そして、夜は本格フレンチレス トランに早変わり。もちろん毎日メニューは変わり、プリフィックススタイルのコース料理がもてなされる。ベジタリアンから、グルテンフリーまで対応しているという、ホスピタリティの高さである。また各料 理にペアリングされたワインで、 日々新たなワインとの出逢いもある。 ソムリエ達のサーブと、繊細な一皿を味わう時間は船の上であることを忘れるだろう。 目覚めのシャンパンで朝からゴージャスな気分を味わい、昼は寄港先で新しいワインとの出会いを嗜み、夜はドレスアップして極上のディナーを味わいながらソムリエお薦めの一本を。たまには時間を気にせず、一日中ワインに身を任せるのも悪くない。この船自体が一 つのシャトーなのだ。 更にシーニックの魅力は「人」にある。食事の場を中心に、気さく なスタッフやシェフたちが話しかけ てくれるため、日が進むにつれてど んどん愛着が深まっていくのだ。和気藹々としたセレモニーも用意されており、自分がシーニックの一員になったと感じられていくことだろう。 旅の醍醐味の一つである食を飽きさ せない魅力に引き込まれていく。

水の上に浮かぶファイブスターホテルで
充足と休息の時

華やかな寄港先で好奇心を刺激された後は船内に戻って一息つきたい。旅の間はここが「我が家」なのだ。忙しい日常から解き放たれて、「何もしない贅沢」を船上で楽しもうではないか。

船上デッキにはジャグジーも完備。デッキベッドで陽だまりに微睡みながら、お酒もいただける。また、エクササイズクラスなどの健康的なプログラムも豊富だ。全室スイート仕様の客室は、ほぼ全ての部屋にテラスが備えられている。テラスでワインを片手に、長閑な風景を楽しむことが、日常となっていくに違いない。

キャビンでプライベートな時間を 満喫するのも良いが、ラウンジやジャグジー、SPA で思い思いの船内ライフを過ごすことも忘れてはいけない。陽光の下プールサイド でのんびり過ごしたり、日頃の疲れを癒すスパは自分へのご褒美。 好奇心をくすぐるイベントやエンターテイメントも充実している。夜は生演奏でダンスタイムまである。 全てがスイートタイプでゲストの人数も制限しているからこそ、ゲスト同士やクルーとの距離も近い。 船上はワイン好きなゲストの為のラ グジュアリーなサロンであり、自宅 でもある。ここに 10 日間も乗船す れば、世界中にワイン愛好家の友人達をつくることができるだろう

全客室にバトラーサービスを導入。ルームサービスの手配、クリーニング、ティーサービスなど、一人一人のニーズに合わせてゲストの気持ちに寄り添ったきめ細かなサービスを提供してくれる。船内には医師や看護師も常駐しているため、旅の疲れで体調不良になった時も焦ることはない。川の上にいながらも、一流ホテルのような、いやそれ以上のサービスと安心を体感できるのだ。

ボルドーに酔いしれる10日間
リバークルーズだから成就する充実のプラン

Private Wine Tours

この旅のハイライトとなるのはやはりボルドーのシャトー巡りだろう。シャトーの名にふさわしい見事な城館で芳醇なワインの試飲を堪能できる。むせかえる葡萄の香り、どこまでも続く葡萄畑の光景は、きっと一生忘れられない記憶となるだろう。

現在、ボルドーでは20 代から30 代の若き後継者達が活躍している。何世紀にもわたって先祖から代々受け継がれた土地を愛しながら、伝統を守りつつ、市場にマッチしたワイン造 りに力を注いでいる。訪問中に、樽の詰め替えや、キャンドルにかざして色味を確認する過程なども見学できる。醸造家ならではのアナログな作業に触れられるのは醍醐味の一つである。

五大シャトーの魅力

ボルドーワインの頂点を極め、 常にワイン愛好家から熱く注目されている存在「五大シャトー」。五大シャトーが有名になったのは、1855 年に開かれたパリ万国博覧会を記念して、ボルドー・メドック地区の格付けが行われてからである。その格付けで栄誉ある「第 1 級」の称号を与えられた4 つのシャトー(シャトー・ラフィット・ ロスシルド、シャトー・マルゴー、シャトー・ラトゥール、シャトー・ オーブリオン)と、1973 年に例外的に第2級から第1級へ昇格になったシャトー・ムートン・ロ ートシルドを合わせた5つが五大シャトーである。この格付けは現在も変わらず、階級見直しも行われないため、世界中のワインラバーから象徴的な存在となっている。

Saint Emilion

ボルドー右岸ならサンテミリオン中世の面影を残して

ワイン好きなら誰もがご存知のサンテミリオンは1999年に世界で初めてワイン産地として世界遺産に登録された。ボルドー 右岸を代表するワイン産地で、左岸のメドックと双璧をなす 高級赤ワインの産地である。そして、サン・テミリオンおよび、アペラシオンを冠することが許されている周辺の8つの村は、シュヴァル・ブランやオーゾンヌ、フィジャック、オー・サルプ、 フォンプレガード、ヴィルモーリーヌなどである。今や世界に 名を知られるサン・テミリオンの頂点に立つワイン名たちだ。

Truffle hunt

愛くるしいハンター犬と共にトリュフ探しの冒険へ

Classic concert

キャッスルを貸切、プライベートコンサート

旅に彩りを添えるのは、シーニックの乗客のためだけに用意された特別なエンリッチプログラム。古城を貸し切ってのサンセットカクテルタイムや本格的なクラシックコンサートは一生心に刻み込まれることだろう。永い歴史を持つボルドーの文化、息づかいを、特別な体験を通して身近に感じることができる。このエクスカーションの充実さが、シーニックならではの魅力だ。

INFOMATION
SCENIC
TEL:03-5405-9213(9:30~18:00 ㊡土日祝)
INDEX
目次
MAGAZINE
電子書籍
2019 WINTER
- Legendary Peru
- The Gastronomy Hotels in France
- Japanese Getaway / Living on a Cruise Ship
- Healing Journey / Dramatic Tahiti
電子書籍はこちらから