1. TOP
  2. journey
  3. Four Seasons Resort
    Bora Bora
INDEX
目次

フォーシーズンズ リゾート ボラボラ

Four Seasons Resort
Bora Bora

一生に一度は訪れてみたい、
極上のアイランド・リゾート

かつて画家ポール・ゴーギャンが晩年を過ごし、その美しさゆえに"太平洋の真珠"とも称されるボラボラ島。目覚めてから眠りにつくまで全ての時間に、感動の連続を約束してくれる最上級のリゾートがそこにある。

地球上に最初に現れた、奇跡の島
「南太平洋の真珠」をふたり占め

フランス領ポリネシア、タヒチにある118の島々。ボラボラ島はタヒチ島から北西へ約250km、1周約30kmの小さな島だ。周囲を約40kmの珊瑚礁が囲むこの島は、「南太平洋の真珠」とも讃えられている。「ボラボラ」というのは「初めに生まれた」という意味を持ち、この島は地球上で一番初めに海に現れた島だという神話も持っている。ポリネシアの最高神「タアロア」が、地上に完璧な美しさを有する島として、手がけた傑作品なのだという。そんな伝説がリアルなものに思えてしまうほど、島は美しく穏やかである。そして、島の中央に聳えるのは、火山活動によって隆起した2つの山。それらが、地殻変動で陸地が沈下して生まれたのが青いラグーンのはじまりだそうだ。自然の奇跡から生まれた海は、海洋生物の豊富さから世界中のダイバーの聖地として知られ、「太平洋の真珠」とも呼ばれている。ここでは、この奇跡の地に存在する「フォーシーズンズリゾートボラボラ」を紹介したい。ボラボラ島の象徴であるオテマヌ山を望み、ターコイズブルーのラグーンに囲まれたロケーションに位置し、フォーシーズンズブランドの一流のホスピタリティを提供する。まさに、ボラボラを代表するリゾートホテルである。どこを切り取っても、ロマンチックな光景が広がるが、特にサンセットタイムは恋人たちの時間を更に甘美なものにする。お薦めはモツと呼ばれる小島を貸切る「ディスティネーションダイニング」。唯一無二の環境で夕日までも独占しよう。水平線に夕日が沈む、映画のような光景が二人のためだけに輝く。

神が宿るオテマヌ山、碧の濃淡が煌くラグーン
自然に愛される、恋人たちのリゾート

ボラボラ島には、標高727mのオテマヌ山と標高661mのパヒア山という2つの高峰がそびえている。海の青と山の緑が産み出すボラボラ島独特の景観は、中央に並ぶこの2つの峰が創り出しているのだ。特に、オテマヌ山は現地では神が宿ると言われており、神聖な山とされ、この付近には高湿度の空気が流れ込むために、山の上部は頻繁に雲に覆われている。更にオテマヌ山は西側と東側からで異なった眺めをみせるといわれており、それぞれ、男女の横顔のような形状をしている。荒々しい岩肌と、滑らかな山肌が存在するため、同じ山であるにも関わらず、異なった顔を魅せる。フォーシーズンズボラボラの白砂のビーチでは、オテマヌ山の全景とターコイズブルーのラグーンが目の前に広がり、ボラボラ島でも指折りの美しさだ。環礁の成り立ちの違いから、沖合い側の海の色が薄いのがボラボラ島ならではの光景であり、山頂まで雲が晴れた時には、透明な海にオテマヌ山が映り込む。神々が創造した楽園の地であるボラボラ、緑豊かな高峰がそびえ、青の濃淡の移ろいが美しいラグーンが広がるリゾートで、神の箱庭のような景色を堪能してほしい。

Beachfront Villa Estate

ボラボラ島といえば、パンダナスで葺いた屋根が特徴的な水上ヴィラばかりに目を奪われるが、もし、家族や友人同士で訪れるならビーチフロントヴィラもお勧めしたい。最大3ベッドルームまであり、ヴィラエステートに至っては500平米の広さだ。テラスの前に広がるプライベートビーチでは、アウトドアダイニングや、プライベートBBQも楽しめる。さらに、ビーチフロントヴィラの全てにプライベートプールが備わるのも魅力だ。

Overwater Bungalow Suite

水上ヴィラの部屋タイプは、リゾートビュー、ビーチビュー、マウンテンビュー と見渡せる景観によってタイプが異なる。全室が100平米以上のスイート仕様で、モダンな家具にポリネシアの伝統的な工芸を配したインテリアは、シンプルながら機能的である。2ベッドタイプのヴィラも備えているので、家族でも利用可能。さらに4室限定の最上位クラスであるプランジプール付きのヴィラは予約激戦なので、早めに問い合わせを。 オテマヌ山を望み、ラグーンに囲まれたヴィラは丸一日をここで過ごしたくなる居心地の良さである。

ARII MOANA

リゾートのシグネチャーレストランである「アラモアナ」は、木の温もりが感じられる内装と開放感に溢れる空間だ。フレンチとポリネシアンのフュージョンメニューが多く、特にタヒチならではのシーフード料理が絶品。

Coupleで愉しむ ---8つのExperience---

1. Lagoon Snorkeling

フォーシーズンズリゾートの敷地内には「ラグーンサンクチュアリ」と呼ばれるエリアがあり、ポリネシア特有の海洋生物が多数生息している。聞けば、リゾート内には海洋生物学者が常駐しており、ラグーンでの珊瑚の育成に力を入れているのだという。プライベートなラグーンは腰くらいまでの深さのため、泳げない人でも安心してシュノーケリングや小魚への餌付けを楽しむことができる。ガイドによる無料のシュノーケルツアーも人気だ。カップルだけでも過ごせるとあって、絶好のアクティビティであることは間違いない。

ラグーンには、タヒチアンバタフライフィッシュやトロピカルフィッシュ、黒い縦縞模様を持つロクセンスズメダイが数多く生息している。全身が黒っぽく見えるのはクロハギだ。プライベートラグーンに入るや否や、人懐っこい小魚たちが餌を求めて集まってくる。

2. Canoe Breakfast

水上コテージやビーチサイドに
カヌーで朝食をデリバリー

伝統的なカヌーを漕いで、水上ヴィラやプライベートビーチに朝食を運んでくれるカヌーブレックファースト。色鮮やかなパレオに身を纏ったスタッフが、真っ白なカヌーに乗ってゆっくりとラグーンを進んでやって来る。ボラボラ島ではお決まりの朝の光景だ。テラスや室内、プライベートビーチサイドなど、自分好みの場所にセッティングしてもらえる。南国を象徴する各種フルーツ、搾り立てのジュース、焼き立てのパンケーキなど、朝食とは思えないボリュームに最初は驚くに違いない。ハワイ語の「アロハ」と同じ、タヒチでの挨拶の言葉「イアオラナ」は覚えておこう。カヌーが近づいてきたら、そう呼びかけてみて。きっと陽気なスタッフ達の満面の笑みが返って来るはずだ。


朝食のセッテイング中に、スタッフに頼めばカヌーにも乗せてもらえる。朝食メニューはアラカルトから選べるので、長期滞在するなら変化をつけて楽しもう。朝からシャンパンのコルクを抜く贅沢を咎める者は誰もいない。


3. Motu Dinner

プライベートなモツでロマンチック・ディナーを満喫

ハネムーナーやカップルの多いフォーシーズンズリゾートは、ロマンチックなプログラムも充実。レストラン近くのビーチサイドでのプライベートディナーも人気のひとつだ。中でも"モツ"と呼ばれる離れの小島で2人きりで過ごすディスティネーションダイニングは、絆が深まり一生の想い出となるはず。雄大で荘厳なサンセットを背景にゆったりとした時間が流れ、いつしか満天の星空が瞬き、南十字星やミルキーウェイが、静かに現れていることに気が付くだろう。

4. Spa for Couple’s

ラグーンならではの心にくい演出の数々で
気分のボルテージもいつしか最高潮に

敷地内のやや奥まった場所に位置し、美しい緑とラグーンに囲まれているのが「ザ・スパ アット フォーシーズンズ ボラボラ」。ポリネシアンスタイルの10室のトリートメントルームを擁し、 カハイアという木から抽出したオイルを使用する伝統的なトリートメントが特徴的だ。さらに海藻をベースとするオーガニック製品と、タマヌオイルやバニラなどポリネシア原産の植物素材を融合させたトリートメントも提供する。施術前には、ESPAのトレーニングを積んだプロのセラピストが念入りにカウンセリング。ゲストの肌質に合わせて効果が期待できるオイルが選ばれる。バイタリティプールやアロマハマム など、カップルで利用可能なスパ施設が多く、 2人で癒しの時間を過ごすことができるだろう。

5. Sunset Crusing

ボラボラ島のラグーン内をヨットで巡る、プライベートなサンセットクルーズ。夕陽を眺めながら、シャンパンやアペリティフを楽しめる。 太陽が水平線に沈む瞬間は、万華鏡さながらの煌びやかな色合いだ。 約90分のプライベートクルーズで潮風を肌で感じながら、移り行く空を眺める、贅沢な時間を過ごしてほしい。フォトシューティングのサービスもあり、2人の思い出を、 美しいボラボラ島のサンセットと共に残すことができる。

6. Parasailing

約100メートルのロープをモーター ボートが曳航し、15分間の空中散歩。ボラボラ島のブルーラグーン上を遊覧するパラセーリングはアクティブかつ安全なマリンスポーツで ある。特別な操作も必要ないため、子供も参加可能だ。遥か高い上空で、ふわふわと浮かぶ体験は、まるで鳥になったような高揚感が味わえる。美しいブルーグラデーションやボラボラ島の全景、水上ヴィラなどの風景を存分に愉しんでほしい。友人やカップル同士で2人で同時に飛べるのも魅力だ。

7. Scuba Diving

タヒチの島々の透き通った海には、他では見られないほど多様な色、 大きさ、形を持つ1,000種類以上の魚が生息している。小さい魚ほどカラフルで、サンゴ礁やラグーンの浅瀬を好むが、大型の魚はたくさんの生き物で賑わう入江や複雑な岩礁、あるいは外洋を悠々と泳ぐ。サメやエイ、時にはウミガメとの遭遇もここでは日常茶飯事だ。 ダイバーならずとも誰もが憧れるタヒチでのダイビング体験。透明度の高いボラボラの海底散歩を満喫 しよう。

8. Jet Ski

海上でのスピード感を求めるなら、その機動力とスピードが醍醐味のジェットスキーを選択しよう。ジェットスキーでの島1周ツアーなら、美しいボラボラのラグーンをさらに堪能できるはずだ。ターコイズブルーの海にクリスタルのように澄んだラグーン、素晴らしいオテマヌ山とメインアイランドの景色がたちまち遠ざかって行く。船に乗りなれているゲストでも、また一味違った爽快感を得られるはずだ。陸上の3倍違うと言われている水面での体感速度でアドレナリンも溢れるだろう。初めてて不安な場合でも、経験豊富なガイドが一緒にクルージングするので安心だ。

INFORMATION
Four Seasons Resort Bora Bora
TEL:+(689) 40-603-170
INDEX
目次
MAGAZINE
電子書籍
2020 WINTER
- Feel in Nature
- Luxury Lodge
- Okinawa Time
- Tokyo Uodate
電子書籍はこちらから
Instagram
kagumi.trip