1. TOP
  2. journey
  3. ハレクラニ沖縄
INDEX
目次

Harekurani Okinawa

ハレクラニ沖縄

ハワイのラグジュアリーリゾート「ハレクラニ」が史上初めての海外進出して沖縄県恩納村に誕生させた「ハレクラニ沖縄」

ハワイのラグジュアリーリゾート「ハレクラニ」が〈br〉史上初めての海外進出として誕生させた「ハレクラニ沖縄」
オーキッドプール

2019年7月、沖縄本島恩納村の国定公園内に「 ハレクラニ沖縄」が誕生した。 100年以上の歴史を誇るハワイの「ハレクラニ」は、時代を超越して世界中のゲストから愛されてきた憧れのホテル。その名はハワイ語で「天国にふさわしい館」を意味し、史上初めてハワイ外の地として沖縄を選んだのだ。ハワイの4倍近い広さがあり、敷地の中心をなすのは2つのウイング棟。リゾート感を味わうなら敷地東側に建ち、白砂のビーチが眼前に広がるビーチフロントウイングがいいだろう。一方サンセットウイングは、西側クリフ添いに位置し、東シナ海に沈む夕陽の美しさを堪能できる。また館内には4つのシグネチャーレ ストランと1つのバーがあり、いずれも異なった趣でもてなしてくれる。美食を楽しみ「ハレクラニ」ならではのホスピリタリティを満喫する、天国にふさわしい館、そんな言葉が似合うステイを堪能したい。

スイート&ヴィラ

Orchid Suite(オーキッドスイート 294㎡ )

部屋の先端にあるテラスにはインフィニティプールや、ジェットバス、
西向きのコーナーソファもある。

「ハレクラニ」は景色を最大限楽しめるよう窓にカーテンがないのも特徴。ハレクラニ・シェードというウッドシャッターが採用されている。そして、究極の絶景を楽しむならば「オーキッドスイート」に優るロケーションはない。360室あるゲストルーム中で最大の広さを誇り、北西の角に位置しているため、三方を海に囲まれた、これ以上ないロケーション。最も海に近い場所にあるインフィニティプールとテラスを中心に2つのベッドルームがV字型に配置されており、どの部屋にいても絶景のパノラマが広がるレイアウトとなっている。部屋の先端にあり、海に張り出したようなテラスでくつろげば、まるで洋上に浮かぶ豪華客船に滞在しているかのような気分になるだろう。精神が海と一体化できる。「オーキッドスイート」 のステイなくして、沖縄最高のラグジュアリーは語れないだろう。優雅な大人のホリデーを。

最大限に絶景を楽しめるよう、窓が大きい。昼間は窓を全開にし沖縄のオーシャビューを独り占め出来るのもオーキッドスイートの特典だ。
最も海に近い場所にあるインフィニティプールとテラスを中心に2つのベッドルームがV字型に配置されており、どの部屋にいても絶景のパノラマが広がるレイアウトとなっている。
部屋の先端にあり、海に張り出したようなテラスでくつろげば、まるで洋上に浮かぶ豪華客船に滞在しているかのような気分になるだろう。

Halekulani Cliff Villa (ハレクラニクリフヴィラ165㎡ )

リゾートの中で最も海に近いのが「ハレクラニクリフヴィラ
テラスにあるプラベートプール、視界に入るのはただ青い海だけ。

「ハレクラニ」の優雅さを表わすキーワードが「Seven Shades of White(七色の白)」。沖縄にもその美意識は確かに受け継がれており、白のニュアンスがもたらす居心地の良さは、全室オーシャンビューのゲストルームに滞在してこそ実感できる。その象徴が「ハレクラニクリフヴィラ」だろう。目の前に東シナ海の大海原が広がるクリフトップに位置し、空の青と海の碧を見渡せる一方、インテリアはホワイトトーンで安らぎと落ち着きを与えてくれる。エントランスに入るとまず海を見渡す広いリビングルームがあり、8人座れるダイニ ングテーブルはインルームダイニングも可能。2ベッドルームはそれぞれ独立したバスルームとウォークインクローゼット、さらにテラスには専用の露天温泉があり家族やグループで滞在しても、お互い気兼ねなく快適な島時間を過ごすことができるのだ。

プライベートプールを中心に、左右対称に配置されたベッドルームにはそれぞれに露天温泉やデッキチェア、
コーヒーテーブルがありカップルごとにサンセットアペリティフを楽しむこともできる。
それはまさに沖縄ならではのドラマチックな時間

気鋭のシェフが創造する独創性に富んだ逸品

海と一体化したプールや沖縄最高のサンセットを堪能した後は、沖縄の食材を昇華させた究極のディナータイムが待っている。和食にするかイノベーティブを楽しむか、嬉しい悩みは尽きない。

日本料理 AOMI

日本各地の厳選素材を使った会席のほか、最高級の今帰仁村アグー豚のしゃぶしゃぶ、カウンターでは職人による握り寿司を楽しむことができる。

まず一夜目のディナーは「青碧蒼」へ。「あおみ」と読むこの名には、空の青、海の碧、山の蒼という3文字とともに、沖縄の自然への大いなるリスペクトが込められている。日本全国から取り寄せた旬の食材をふんだんに使い、和食の粋が感じられる会席は評判が高い。また、アグー豚のしゃぶしゃぶやカウンターで頂ける寿司など、様々なメニューが味わえる。

SHIROUX シルー

「シルー」とは沖縄の言葉で「白」を意味し、インテリアも白いビーチや白い波、白い雲をイメージしている。

沖縄食材をフレンチの手法で仕上げる注目ダイニング。ここでしか食べられない川手シェフの料理目当てに訪れるファンもいるほどだ。ディナーは1コースのみで、料理と合わせたミクソロジーカクテルとのペアリングも可能。

ハレクラニ沖縄で楽しめるダイニング・エクスペリエンスは多種多様だ。オールデイダイニング「ハウスウィズアウトアキー」、ステーキ&ワイン「キングダム」、日本料理「青碧蒼」、イノベーティブ「シルー」という4つのレスト ランがあり、その日の気分や時間帯によって使い分けていただきたい。まず一夜目のディナーは「青碧蒼」へ。「あおみ」と読むこの名には、空の青、海の碧、山の蒼という3文字とともに、沖縄の自然への大いなるリスペクトが込められている。日本全国から取り寄せた旬の食材をふんだんに使い、和食の粋が感じられる会席は 評判が高い。また、アグー豚のしゃぶしゃぶやカウンターで頂ける寿司など、様々なメニューが味わえる。そして二日目はイノベーティブ「シルー」へ。東京・外苑前の名店「フロリレー ジュ」川手寛康シェフがコンサルティングシェフを勤めるイノベーティブレストランだ。川手シェフはアジアベストレストラン で 位を受 賞した経 歴を持ち、 現 在の日 本を代 表するイ ノベーティブ料理の旗手といっていいだろう。「シルー」とは沖縄の言葉で「白」を意味し、インテリアも白いビーチや白い波、白い雲をイメージしている。テーブルにおかれたメニューカードを開くと「 白い、自然、純白、然るべき。そんな自然に生まれてくる、そんな料理を僕はここで作りたい」という川手シェフのメッセージが添えられている。沖縄食材を使った川手シェフの料理はまさにここでしか食べられない、一期一会の貴重な機会だ。島豆腐やイラ ブー(ウミヘビ)、島らっきょう、ゴーヤ、アグー豚など沖縄の食材を縦横無尽に組み合わせ、最新の料理技術で新しい沖縄ガストロノミーを提案してくれる川手シェフの料理。滞在中に世界レベルの料理を是非、体感して欲しい。

ハレクラニ沖縄を遊び尽くす 7Things!

「ハレクラニ沖縄」では早朝から夜更けまで、時間帯によって変わる美しい風景とともに、ゆったりとしたステイを楽しみたいもの。 リゾートライフを120%満喫できる厳選7つのスポットをご紹介しよう。

01. Pancake [ハワイを思い出すオリジナルのふわとろデザート]

「ハレクラニ沖縄 」オリジナルスイーツは「リコッタチーズのふわふわスフレパンケーキ」。オーダーが入ってから焼き上げる卵たっぷりのスフレは熱々が美味しい。トッピングには生クリームたっぷりのクレームシャンティにへーゼルナッツとメープルシロップでハワイらしさをプラス。ここでは普段の節制を忘れ、自分へのご褒美としてスイーツを堪能。また「ハレクラニ」伝統の ハワイアンティーも充実しているのでパンケーキと一緒にトロピカルフレーバーを試してみたい。

お土産で人気の商品はオリジナル配合のパンケーキミックスとグラノーラ。ハレクラニならではの、ふわふわ食感のスフレパンケーキを自宅で再現するのは難しくても、自宅でフライパンを使って一度トライして頂きたい。

02. Sunset Bar [燃えるような夕陽と極上カクテルで過ごすリュクスな時間を心に刻む]

サンセットウイングのロビーに位置するサンセットバー「スペクトラ」。その名の通り雄麗な夕日を眺めることができるリゾート内最高のロケーション。水平線が朱に染まるサンセットから、やがて漆黒の世界へと変わる瞬間、一杯のカクテルで喉の乾きを癒すのは最も贅沢な瞬間だ。シグネチャーカクテル「ハレクラニサンセット」や永世定番の「マイタイ」などハワイを思わせるカクテルが人気だ。また、最新のミクソロジー技術を生かし、沖縄をテーマにしたオリジナルカクテル「ルート58」「ウマミメアリー」などメニューは幅広く、毎夜通いたくなる。



アペリティフに飲むカクテルは、楽園の夜の始まりを素敵に演出してくれる大事なパートナー。「ハレクラニ・クラシック」から選ぶならやはり「ハレクラニサンセット」か、ノンアルコールのカクテルもある。

03. Ocean Terrace Pool [朱に染まる美しい東シナ海を見つめて]

西側に面したサンセットウイングは東シナ海に面しているため、視界を遮るものは何もない。そのハイライトが雄大な夕陽の眺望を満喫できる「オーシャンテラスプール」だ。水平線と一体化したインフィニティプールでは大自然を体感できる。時間帯によってはシャンパンが飲めるシャンパンバーも登場する、大人専用のプールだ。デッキチェアに寝転び、冷えたシャンパンと共に沈みゆく夕陽を見つめる。そんな過ごし方がよく似合う。

04. House Without Key [ハワイアンフードと沖縄料理を満喫]

オールデイダイニング「ハウス ウィズアウト ア キー」はハワイ「ハレクラニ」で長く愛される伝説の名店。朝食から夕食までノンストップでゲストをもてなしてくれる。「ロコモコ」「ガーリックシュリンプ」などの定番ハワイアンフードや「海ぶどうのサラダ」「ソーキソバ」など沖縄の味もカジュアルな雰囲気で楽しめる。

「ロコモコ」「ガーリックシュリンプ」などの定番ハワイアンフードや
「海ぶどうのサラダ」「ソーキソバ」など沖縄の味もカジュアルな雰囲気で楽しめる。

05. Afternoon Tea [午後の海を見ながら美味なるひと時]

日がなプール過ごした午後、やや遅い午餐を楽しむならば「クラブラウンジ」のアフタヌーンティーをおすすめする。サンドイッチ片手に冷たいハイビスカス・アイスティーを味わう。海風を感じる心地よいテラス席もあり、午後のひとときを過ごすのに最適の場所だ。

スイーツ、スコーン、カナッペ、サンドイッチなどにも沖縄の食材を多用している。「アフタヌー ンティー」好きの方にもおすすめ頂きたい。

06. Spa Halekulani[古来より伝わる命薬を現代に生かした沖縄伝統のヒーリング]

 古くより幻想的なヒーリング・スピリットが受け継がれて来たハワイと沖縄、この2つの楽園のヒーリングメソッドを融合させたものが「スパ ハレクラニ」の特徴だ。

ゲスト一人ひとりにカスタマイズしたトリーメントは究極のリラクゼーションを約束。フーチーバー(よもぎ) や月桃など、古くから「命薬(ぬちぐすい)」として親しまれてきた沖縄ならではのハーブを使ったトリートメントは癒しのひと時を与えてくれる。

心地よいトリートメントやマッサージの前に、スパ内に設けた天然温泉を利用していただいたい、
トリートメントの効能はより理想的なものとなります。

代表的なトリートメント「ハレクラニ・シグネチャー」やヘッドスパ、ロミロミ、フェイシャルなどのスキンケアにはハワイの「ハレクラニ」オリジナルプロダクトを使用。ハワイのハレクラニ以上のサービスで心と体を解き放し、沖縄ではの究極のリラックスタイムを演出してくれるだろう。

07. Halekulani Boutique [ハワイで人気のブティックが沖縄にも誕生]

ハワイで人気の「ハレクラニブティック」が沖縄にも誕生。ホテルロゴ入りのウェアやフレグランスキャンドル、ブランケット、オリジナルのパンケーキミックスや厳選された沖縄の工芸品など、ここでしか手に入らないグッズも多いのでギフトやおみやげにも活躍する。ワンピースなどリゾートファッションに使えるアイテムも多く、バカンススタイルを考える時間がなかった場合はまずこちらでファッションを整える、という使い方もできるので便利だ。

ナチュラルカラーのキャンパス地に、ライトブルーのハンドルがさわやかなカラーリングのトートバッグ。部屋に備え付けられているので購入前に利用出来る。

ハレクラニのイメージカラーである白とターコイズのマグカップ、カップルならペアで使ったり、ハーブティーとセットでプレゼントするのもいいかも。

ハレクラニのプールでは足元もオリジナルカラーのビーチサンダルで過ごしたい。スタイリッシュなデザインなので家で過ごす時にも活躍。

INFORMATION
ハレクラニ沖縄
TEL:098-953-8600 宿泊予約直通:0120-860-072 ■ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド 0120-086-230 客室数|360室 CHECK IN|15:00- CHECK OUT|12:00 アクセス|那覇空港から車で 約1時間15分
INDEX
目次
MAGAZINE
電子書籍
2020 WINTER
- Feel in Nature
- Luxury Lodge
- Okinawa Time
- Tokyo Uodate
電子書籍はこちらから
Instagram
kagumi.trip